ぴーす。

すまぷ5人を愛しています。でも、ときどき辛口だと思うよ。それも愛でしょ。そうでしょ。



Calender

10 | 2017 / 11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ぷろふぃーる。

なべっち。

Author:なべっち。
このスペースが邪魔なので省略しました。詳しくはカテゴリーから飛んで下さいませ。

★めーる。もコメント。も面倒やな…でも何か伝えたいかもしんないという方は気軽にどーぞ♪一言メッセージもお待ちしております♪
↓↓↓

拍手


FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

応援よろしくお願いします。


FC2カウンター


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ

MONTHLY


りんく。

このブログをリンクに追加する


すぺさるさんくす。

素敵な素材が沢山あります☆マッタリホンポ
素敵な素材が沢山あります☆空色地図
素敵な素材が沢山あります☆戦場に猫
素敵な素材が沢山あります☆chaton noir
素敵な素材が沢山あります☆night on the planet


SMAP PEOPLE


SMAP BLOGERS


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


めーる。気軽に下さいなー。

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


携帯からはこちらっ。

QRコード


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


足関節固定術について。
奈良から帰ってきて、主治医の先生のところへ診察に行くと、うちで手術をしたいと言うことだった。
地元の大学病院ではまだ前例のない手術なので、勉強になると言うことだったのだろう。
奈良でするのもいいかな(仕事からきっぱり離れて治療に専念できそうだし)、と思っていたので、ちょっと拍子抜けだったけど、やっぱり遠いほど大変だろうし、お任せしますと返事した。

『変形性足関節症』の治療内容として、主な手術方法は、3つ。
1 脛骨の骨切りを行い傾きを矯正する方法(下位脛骨骨切り術)
2 足関節を固定してしまう方法(足関節固定術)
3 人工関節に変えてしまう方法(人工足関節置換術)

わたしは、2の固定術を行ったのだが、『関節鏡視下手術』と言って、内視鏡で関節の様子を見ながら、粉々になった軟骨を摘出除去し、足首にある3つの骨のうち、脛骨と距骨をスクリューで固定すると言うもの。
傷口は、内視鏡を入れるため足首の前側に二箇所(1㎝程度)と、スクリューを入れるため内側の踝の上あたりに一箇所(5㎝程度)。
県内の大学病院でも、固定術はしているが、内視鏡を使ったものはしていないため、かなり傷口が大きくなり、術後の腫れもひどく、復帰までに1年以上はかかると言われた。
なので、4月に手術したら、夏休み明けには復帰できるからね!
と、奈良で言われたときには、本当に信じられなかった。

と言うことで、手術をするため、先生には奈良からわざわざ来ていただくことに。
日程の調整は主治医にお願いし、夏休み明けには校長先生にも事情を説明する。
学校ではまだまだ若手だし、休み時間には子どもと遊びまわっている(ドッジボール限定)わたしが、まさかそんな手術をするほど足が悪いなんて、とものすごく驚いていた。
それまで足のことは、尊敬する大先輩一人にしか言ってなかったのだけれど、校長先生に知ってもらって、ほっと一安心したのを覚えている。
校長先生がとってもあたたかい人っていうのもあるかもしれないけれど。

それからも、月一回の診察を続け、2月末の診察の際に事件が(笑)
なんと、いきなり主治医から、この病院で手術ができなくなりましたと。
もう、思考回路が停止して、しばらく言葉が出ず。
何でできなくなったのかは今でも分からないけど、おそらく教授と主治医との間で連絡がうまくいっていなかったんじゃないかと。
かなり無責任だと思うし、今考えてもありえないと思うけど、新たに受け入れてくれた病院でとてもよくしていただいたので、結果的にはよかったんだと。
でも、入院・手術の日程だって決まっていて、職場に病休の届けも出してるのに、そんなこと言われて、主治医の先生も悪気はなかったんだろうけど、信頼関係に関わってくるよね…。
その後、いろんな病院と交渉してくれて、なんとか日程を変えず他の病院で手術ができることになったけど、決まったのが3月末。
入院が4月7日だったので、本当にギリギリ。
でも、受け入れてくれた病院がとっても田舎の病院だったので、行くまでは正直不安で不安で(苦笑)

入院生活については、次回に。









:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。